« 中央アジア07 | トップページ | 中央アジア09 »

2007年8月 9日 (木)

中央アジア08

■オトラル(オトゥラル)遺跡

Photo_9 古くから栄えていた都市。10~13世紀にかけて最も繁栄した。1219年にチンギス・ハーンによって、跡形も無く破壊された。これを機に、チンギス・ハーンは中央アジアへの侵略を進めて行った。(チンギスハーンの送った使者を2人くらい殺しちゃって、怒らせたらしい。)

発掘作業中の人々発見。現在でも発掘は続いているらしい。

■国境越え(カザフスタン→ウズベキスタン)
Photo_10 ウズベキスタンの国境にはいる前に、両替商が並んでいる。インフレなのか、ものすごーくたくさんの枚数の紙幣を渡された。83枚も増えたので、財布がハンバーガー状態。私はボラれなかったが、ボラれる人が多発しているので、気をつけて。一気に数が大きくなるためか、あまり気づかないのだ。

ウズベクに入る時は、所持金額を書かねばならない。出入りの時のお金の収支が合わないとうるさい。こういう国は、自国の通貨が崩壊しかけているというか、弱くなっている証拠だ。

■チョルスーバザール(タシケント)

Sqmy生鮮食品中心のバザール。目覚ましの電池が無くなってきたので、購入。あと飲み物。この電池はSONYでなく、SQMY。スキュミーと読めばよろしいでしょうか。

|

« 中央アジア07 | トップページ | 中央アジア09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/7633217

この記事へのトラックバック一覧です: 中央アジア08:

« 中央アジア07 | トップページ | 中央アジア09 »