« トルコ・ギリシャ2 | トップページ | トルコ・ギリシャ4 »

2007年12月23日 (日)

トルコ・ギリシャ3

12月23日

■地下都市
トルコには300以上の地下都市があると言われているが、実際に発見されているのは20程度。今回訪れたのは、カイマクルと言う、その中でも2番目に大きな場所で、地下8階までの存在が確認されている。

現在、観光用に公開されているのは地下4階までだが、通路はまるでヴェトナムのクチのトンネルのように狭い。こんな狭くて太ったトルコ人のおじさんやおばさんが通れるのか?と心配してしまいたくなるくらい狭い。

Turkey009 地下に向かってどんどん降りて行くと、リビングルーム跡やキッチン、ダイニングルーム、貯蔵庫などがある。また面白いのはワインの醸造室などもある。この丸いのは扉で、不審者が侵入してきたら、転がして閉める。

これらの地下都市は、何の目的でいつぐらいの人たちが作ったのか、ということがはっきりしていない。住んでいた人数も色々な説があるらしい。空気は薄くて、じめじめしているが、温度は変動が無く、冬暖かく夏涼しいとのこと。実際かなり暖かかった。



■Lhlara Valley
Turkey010 渓谷トレッキングを1.5時間ほど行う。渓谷はかなり高く切り立っており、その壁面には人が住んでいた穴の跡がたくさんある。こんなところに住んでいたなんて、信じられない。水の補給とか、トイレとか、一体どうしていたんだろうか。川沿いまで降りて行った後、川沿いに歩いていくのだが、大自然を感じられる場所だった。



■Lunch
Turkey011 食事は渓谷の終わりの方にあるレストランで。牛肉の鉄板焼きみたいなもの。牛肉は硬かったけれど、シンプルな味付け。[パン・トマトスープ・赤キャベツのサラダ・牛肉の鉄板焼き・オレンジ・りんご茶]



■スターウォーズ?
Turkey012スターウォーズの撮影がされた、とか、モデルになった、とか言われている場所。細長い釣鐘状のものがたくさん並んでいる。不思議な光景。実際に近くに行って登ることもできる。登ると以前暮らしていた人たちの痕跡を見ることができる。ギリシャ正教の教会らしきものがあったり、居住スペースがあったり。



水で浸食されているので、水路を辿って登って行ったのだが、帰りに降りられなくなって困った。周りにいた観光客も迷っていて、皆で"We lost our way!"と言いながらあちこち迷子になっていた。

■キャラバンサライ
Turkey014トルコでは、キャラバンサライ(シルクロードの行商人が泊 まった商人宿)はあまり残ってない、とのことだったが、比較的保存状態の良いものを訪ねる。周囲は四方高い壁で囲まれていて、シルクロードの商人達を守るために、見張り番がついていたらしい。中国の長安からここまで1ヵ月半の長旅だというのに、山賊に物品を全部盗られたらたまったもんじゃない。

中央には小さなモスクがあり、モスクを挟んで右側に夏の部屋があり、左側に冬の部屋がある。モスクの周りでは、物々交換の市が開かれていたらしい。

大きな建築物なのだが、トルコはこのキャラバンサライ(キャラバンの宮殿という意)を利益目的で運営していた訳ではなく、あくまでも国のイメージアップとして運営していたため、商人は3日まで無料で寝泊りすることが出来たと言う。

今でも地名に"~HAN"と付いていると、それは昔キャラバンサライのあった場所、ということを示す。


■ローズバレー
Turkey015Turkey016
ローズバレーにて夕陽鑑賞。元々赤土で赤い岩肌が、夕陽で真っ赤に染まり行く。

■買い物
絨毯屋さんと、トルコ石屋さんへ。一応見たけど、特に何も買わず。

|

« トルコ・ギリシャ2 | トップページ | トルコ・ギリシャ4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/9826562

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ・ギリシャ3:

« トルコ・ギリシャ2 | トップページ | トルコ・ギリシャ4 »