« サウジアラビア2 | トップページ | サウジアラビア4 »

2008年4月30日 (水)

サウジアラビア3

  早朝、国内線でリヤドからアル・ジョウフへ。

30 女性専用のラウンジでサウジ人女性を見る。ほとんど家から外に出ないので、サウジ人の女性を目にすることは難しいのだ。スーパーとかで買い物してるのはほとんど外国人労働者だし。みんな目だけ出しているか、その目すらも薄いヴェールで隠していたりする。ヴェールによる視力低下が問題になっているらしい。外国人の私からすれば、バカバカしいとしか思えないけれど、彼らには彼らの論理があるのだ。



1.ラジャジールの立石遺跡
31謎の遺跡と言われている、ラジャジールは誰がどのような目的で立てたのか、未だはっきりしていない。しかしここの石は2~19本でひとまとまりとして、一様に東を向けて立てられている。地下に埋まっている部分は地上に出ている部分の何倍もの長さであるという。



2.アル・トゥワイルの岩絵
32 ナバティア人が描いたと言われる岩絵。ナバティア文字が書かれている。ここで、宗教警察に連行されていた、ガイドと再会。捕まった理由は、私達の1人が髪にヴェールをしていなかったから、らしい。外国人はしなくてもいいことになっているのだが、まず観光客を目にしたことがないので、下っ端の方の人は観光客という概念がわかっていなかったとか。何て国なんだ。サウジアラビア!




3.フレディ家訪問
3334

この辺の地方の人々は、ホスピタリティ溢れるらしく、「お宅にお邪魔してもいいですか?」と聞くと、決して断らないらしい。と、いうわけで、この地方の有力者、フレディ家を訪問してきた。

サウジの家は、外にテントがあり、そのテントで男性がもてなされる。(我々は外国人なので、女でもテントに入ることが許される) その際、家の女性は、家の中に引っ込んでしまい、決して他の男性と顔を合わせることはない。女性客は家の中のリビングルームに通される。


4.ザバル砦
35 117段の階段を登ると、砦の上に出る。



5.サレ家訪問
36 フレディ家に行ったなら、うちにも来い、とのことで、サレ家にもお呼ばれする。今回はテントではなく家の中のリビングルームに入る。子供達がたくさん帰ってきて大騒ぎ。R&Bみたいな曲をラジカセでかけて、「この曲で日本のダンスを踊ってくれ」とか言われる。ムチャぶりだなー。

お菓子がたっぷり出てくる。パイ生地にはちみつの入ったお菓子が、おいしかった。女性ならではのおしゃれ談義になり、眉毛の整え方を聞く。イスラムの教えから、不必要に無駄毛を処理してはいけないらしく、眉毛を剃ったり抜いたりするのは禁じられているらしい。そこで、要らない部分は脱色している、というので、間近で見たところ、本当に周りの要らない部分は金髪になっている!驚き!


6.lunch
ここサウジでは、アルコールが禁止されているので、ビールを頼むとノンアルコールビールが出てくる。しかも一番メジャーっぽいのは、「バービカン」!日本でも80年代にはあったよねー。

7.マリッド砦
3739 パルミュラの女王ゼノビアも征服できなかったというマリッド砦。楕円形の4つの円筒形の塔、廊下、銃眼と井戸を持った建築物で、日干しレンガで作られている。地震があったら崩れそうである。砦には必ず外と中に井戸がある。メインの井戸は外に設置されたものだが、敵に攻められた時には中の井戸を使う。



8.オマルモスク

38310マリッド砦の横にあるオマルモスク。サウジアラビア最古のモスクの1つであると言われている。特徴的なのはミナレットの形。中はミフラブ(メッカの方向を向いている正面の印)なども残っている

9. 道中

311途中、ラクダに行く手を阻まれる。

10. ホテル
312_2 313 Al Gablain Hotelに宿泊。各部屋にお祈り用マットとコーランが用意されている。また、キブラ(メッカの方角)を指し示すシールがエアコンの下に貼られている。


|

« サウジアラビア2 | トップページ | サウジアラビア4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/20823281

この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビア3:

« サウジアラビア2 | トップページ | サウジアラビア4 »