« サウジアラビア4 | トップページ | サウジアラビア6 »

2008年5月 2日 (金)

サウジアラビア5

  サウジのメインイベントとなるマダイン・サーレの遺跡はここ、アル・ウラという都市にある。

1.アル・ウラ旧市街
51 1940年に放棄されて以来、無人状態を続けている旧市街。実際にこの町に以前住んでいた人が、ガイドをしてくれた。



52 何とここでアメリカ人が、IMAXの映画撮影をしていた。公開は2年後らしい。小道具・大道具の準備中。観光客に会うこと自体珍しいらしく、向こうも私達のことをハイテンションで、写真に撮っている。「Japanese~!!」とか言って。



53 たった60数年前まで使われていたはずなのに、町は完全に廃墟になっている。



54 写真は私と、警察に連れて行かれたガイドのダウィちゃん(完全メタボ体型)



2.ライオンの墓
5655
アル・クライバのライオンの墓というのは、入り口の上にライオンのモチーフが飾られていることに由来している名前。イスラム教以前のお墓で、死んだら母の胎内に戻るという考えの下、入り口は狭く中は広い洞窟の中に葬った。2008年5月現在、調査のためフェンス&鉄条網が張られていて近づくことができない。

ちなみに近づくと右のようなモチーフになっているようだ。(リヤド博物館蔵)



3.エレファントロック
57 いかにも砂漠らしい風景の中に、奇岩群が現れる。象の形っぽい、巨大な岩。



4.lunch
Hotelに戻ってビュッフェ

5.マダインサーレ
この旅行の最大の目玉。マダイン・サーレの遺跡群。アル・ウラから22キロ北に行った場所にある。ナバティアの南の首都であったらしい。

5-1 アル・クライマット
58ナバティア人の墓が130以上見つかっている。しかも1つの墓には家族が入っているので、葬られている人の数は夥しい。入り口の上の碑文プレートには、死亡者の名前、墓を建立した職人の名前年月日が彫られている。年代的には紀元前1年~西暦75年くらいの物が一番古い。(イスラムが普及するよりもずっと前のプレ・イスラム期にあたる)



59 外見がやたらと凝ってる割には、中は穴が掘られているだけ。あと壁面に埋葬品を置いた棚がある。ちなみに中にはナバティア以降のものではあるが、未だに人骨が置かれている。お墓には2種類あって、両方5段の階段モチーフがついているのだが、両脇に大きく2段作られているのが、墓を作ろうとした後、一家の中で最初に男が死んだ墓。小さいものがたくさんついているのは、一家の中で女性が先に死んだ墓。



5-2 アル・ディワン、カッスル アル・ジョーンズ、貯水槽、エスリブの丘
511 512513大きな岩と岩の間の入口部分に作られた集会所のようなもの。イスラム教が普及する前、この辺り一体では、多神教が信じられていた。5人神がいるとされており、宗教彫刻が残っている。またその前には、大きく岩がくり抜かれており、王様がそこに座っていたとのこと。

貯水槽は、奇岩の岩肌に排水溝が掘られており、周囲の水が全てこの貯水槽の中に誘導されるように設計されている。



518 岩間を抜け、貯水槽を右手に見ながらエスリブの丘を登っていく。ちょっとした高台になっていて、眺望が素晴らしい。



5-3 ナバタイ人の井戸
519 ナバタイ時代の井戸であるが、今は枯れてしまっている。ここで欧米人の旅行客に会う。この旅行で、サウジ人以外の旅行者に遭遇するのは初めて。



5-4 アル・ヴィント
510 写真はアル・ヴィントの墓群。ヴィントとは少女の意味で、「昔、位の低い男を好きになってしまった少女に少女の父親が怒り、穴に閉じ込めた。反省するまで、と思っていたが、少女はその男のことが忘れられず、とうとう穴の中で死んでしまった」という神話に由来する。



5-5 カスル・アルファリード
514サウジの観光スポットとして一番有名なのだが、岩がまるごと1個、1つのお墓となっている場所。アラビア人のように、目以外全部隠して。ベドウィン風。



5-6 ヒジャーズ鉄道マダイン・サーレ駅跡

517 アラビアのロレンスで有名な、ヒジャーズ鉄道は、シリアのダマスカスからサウジアラビアの聖地メディナまでの区間を、シリア、ヨルダン、およびアラビア半島西部のヒジャーズ地方を縦断して連絡した鉄道であった。鉄道は1900年に建設開始され、1908年に完成し多くの巡礼や兵士を南へ運んだが、第一次世界大戦時にイギリスの支援を受けたアラブ勢力に破壊され、路線のほとんどは以後再建されることはなく、今は廃墟が残るのみである。



516 駅舎は無くなっているが、横の整備場はまだ残っている。



6. 夕陽ドライブ

515 夕陽を見に、4WDでドライブ。運転手はサウジの学校の先生達。つか、車もその人達の物。暇らしい。



|

« サウジアラビア4 | トップページ | サウジアラビア6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/20823845

この記事へのトラックバック一覧です: サウジアラビア5:

« サウジアラビア4 | トップページ | サウジアラビア6 »