« サウジアラビア8 | トップページ | チュニジア2 »

2008年8月 1日 (金)

チュニジア1

出発直前まで、名古屋発だということを忘れていた。当日に旅行会社に確認をして、名古屋に向かう。焦っていたわけでもないのだが、新幹線の時間もわからないので、余裕を持って出かけた。

名古屋に向かう新幹線はこだま・ひかり・のぞみ合わせて5分おきくらいに出発していることを、品川で知る。そんなに頻繁に出ているとは。いつも会社に向かっている駅で、新幹線のホームに向かうのは何だか新鮮。新幹線のホームから会社の建物が見えることを初めて知る。

名古屋に到着。しかしどうやって中部国際空港に向かうのかわからず、駅員さんに聞いたところ、名鉄に乗るらしい。何故か乗り換え部分にエスカレータが無いところが数箇所ある。しょうがないので、スーツケースを持ち上げて階段を昇る。ホームに来た電車に乗ると、どうやら特快で、特別料金が必要なようだ。350円車掌さんに払う。

セントレアに到着。しかしフライトの5時間前に着いてしまった。しかもエミレーツのカウンターは、2時間半前にならないと開かない、と書いてある!最初はスーツケースをひっぱっていたが、あまりに重いので、諦めて500円払い一時荷物預かりにスーツケースを置いた。矢場とんの味噌カツにもかなり惹かれたのだが、あまりこってりしたものを食べたい気分ではなかったので、隣の寿司屋に入る。時期的にセントレアの中のお店もセールをやっており、ついつい買い物をしてしまう。

買い物を思う存分しても、まだ時間が余っているので、マッサージ屋を探したところ、マッサージ屋の隣になんとお風呂がある。展望風呂と書いてあるので、1000円払って入る。タオル付きの値段だし、シャンプー・リンス類は置いてあるし、手ぶらで入れるのも良い。西向きなので夕日がすごく綺麗。飛行機が飛び立つ時の迫力もすごい。でも夕方近くはあまりフライトがないのか、1度しか飛び立つところを見れなかった。展望台みたいなところに出ると、普通の見送りデッキが丸見え。身を乗り出したら向こうからも丸見えになるはず…。恐ろしや。お風呂はデッキから見えないように、デッキ側だけ曇りガラスになっている。

お風呂から出たらマッサージ屋は既に閉まっていた。夜遅くの便なのでしょうがない。お風呂に入ったら、想像以上に気持ちがいい。これからのロングフライトでしばらくお風呂にも入れないし、と思って入っておいたのだが、血行が良くなって気分もhighになってきた。またセントレア発があったら、入ろう。

チェックインカウンターには、サンパウロ行きのお客さんが専用窓口に並んでいる。やたらと多い。ブラジルは真逆だから、ドバイ経由でもそんなに遠くないんだろう。特に中部地方はブラジル人の労働者が多いと聞くし、ちょうど夏休みの帰国ラッシュなのか。

エミレーツは初めて乗るが、サービスもいいし、食事もおいしい。カタール航空は更に上を行く、と聞いたのだが、カタール航空にも乗ってみたい。

|

« サウジアラビア8 | トップページ | チュニジア2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/22912699

この記事へのトラックバック一覧です: チュニジア1:

« サウジアラビア8 | トップページ | チュニジア2 »