« チュニジア4 | トップページ | チュニジア6 »

2008年8月 5日 (火)

チュニジア5

今日はスースに向かう。

■バルドー美術館
Tu1_6 スースに向かうまでに、チュニスのバルドー博物館を見る。ローマ人の残したモザイク画がたくさん残っている。団体客がたくさんいたので、英語で説明しているガイドを探すも、10人以上いるガイドが、みんなラテン語系の言葉をしゃべっている。イタリア語かフランス語かスペイン語。あとで聞いたところ、イタリアから出ている船に乗って来ているお客さんだそうで、イタリアを中心にヨーロッパの客が団体行動しているらしい。仕方が無いので、説明を聞くのは諦めて、ガイドブックに載っている説明を見ながら周る。

Tu2_3

写真は、モザイク修復中。有機溶剤を使っての作業。



■水道橋

Tu3_3 この水道橋は来年からフランス・アメリカ・日本のお金で修復して、世界遺産に登録する予定だとか。フランスは元植民地だからわかるけど、何で日本が他国の遺跡のためにお金出してるんだろう。財政赤字なのに…。


■タクロウナ
Tu5_6 Tu4_4 タクロウナという町の丘の上にあるベルベル人の村を観光する。村と言っても10軒足らずの小さな集落である。やはり壁は白く窓は青い。村の入り口では、子供がサボテンの実を売っている。しかし、ここに車で登ってくるまでに死ぬほど目にしたので、買う気にならず。元手が無料の商売だと思うとね。また、物乞いのおばあさんが入り口付近に座っている。とは言っても、客は私しかいないので、すぐに引っ込んでしまった。雲1つ無い晴天で、じりじりと照りつける暑さ。中心にあるカフェでシュウェップスのインディアントニック(日本のトニックウォーター)を飲む。


■モスク

Tu6_4中を見学できるモスクが、スークの近くにあるので見学。入場料が必要。写真はミフラブ。


■昼食
Tu7_3 昼食は時間が無いので、ピタパンのサンドイッチのようなものをスースのスークで購入。食べながら歩く。具は、ツナか、オムレツか、ドネルケバブみたいな回っている肉を削いだものを選べる。肉を選択。何かとても苦い草のようなものが入っている。 写真はケバブっぽい肉を削ぎ切るお兄さん。電動パン切り包丁みたいなの。


■タラソテラピー
13:30にホテルのタラソテラピーを前日から予約していたので向かう。チュニジアはタラソテラピーにおいては世界2位だとのこと。まず、医師のチェックを受ける。お医者さんは英語を喋れるんだけど、肩こりとか何て言うのかよくわからず、特別なことは何も言わなかったが、一応treatmentを3種類決めてくれた。

タラソと言えば聞こえはいいのだが、実際受けてみると、海藻入りの泥パックは、無茶苦茶磯臭い。寿司屋のカウンター以上、漁港以下ぐらいの臭さである。思わず「くさっ」と漏らしてしまう。

その後は海水による水流マッサージ。専用の機械に入るとマッサージが始まるんだけど、まるで"海水祭り"と言わんばかりの細かい動きが伝わってくる。花火のように、クライマックスに近づくに連れ、乱れ打ちみたいになってくる。

あとは水圧マッサージで、お医者さんによると、骨にいい、とのことなんだが、何で外圧が骨にいいのかわからず。

最後に、オプションでアンチ・セルライトマッサージをつけたのだが、施術師が男だった。裸なのに…。まあ別にいいけど。力いるしね。施術はそこそこ痛い。でも、この間日本で受けたアンチセルライトよりは全然痛くなかった。本当はアンチ・セルライトって、やった後に運動しなきゃ効果ないんだよね…。知ってるんだけど、面倒なのでせず。

何だか呆然としたまま、タラソを終える。

■海水浴
Tu8_3 その後、少しだけビーチで泳ぐも、やたらと少年たちに声をかけられるので、早々にあがってしまった。後でガイドに聞いたところ、「ナンパです。日本人だけじゃありません。チュニジア人女性も、たくさん声かけられる。しょうがない。」と言われる。そんなこと言われても、うるさくてしょうがないんですけど。


■買い物
メディナのスークの入り口近くに、スーラ・ショッピングセンターという、全て値段がFixed priceのお店があるとガイドブックに書いてあったので、行ってみると、4階建ての大規模なショッピングセンターで、観光客でにぎわっている。そこで素敵なランプを見つけて、値段もそんなに高くなかったし迷ったのだが、ガラスが割れると困るのと荷物が重くなるのを考えてやめてしまった。細々としたものを購入。

Tu9_3写真はスークのちょっと先の港に止まっていた遊覧船。こういうやつが5~6隻とまってた。ディ○ニーランドっぽい。 


■夕食
Tu10 ホテルの近くで、雰囲気の良さそうなレストランを覗いてみると、フォークが2つ付いていたので、まともだろうと思い食事。入ってみたら、ロシア-チュニジア料理の店だった。店の中のテレビもずっとロシア語放送をやっていたし、きっとロシアから来た人なんだろうな…。

魚のスープとシーフードのクスクスを食べる。量が多すぎて半分以上残してしまった。


|

« チュニジア4 | トップページ | チュニジア6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/22912887

この記事へのトラックバック一覧です: チュニジア5:

« チュニジア4 | トップページ | チュニジア6 »