« エストニア1 | トップページ | ラトビア1 »

2008年9月 6日 (土)

エストニア2

■起床
9時に出る観光バスに乗りたかったのだが、バスが見当たらず。(その数時間後に、時計の合わせ間違いに気づく。)



■聖オレフ(オレヴィステ)教会
13世紀に建てられた教会。124mもの高い塔があり、街の中でも目立つ存在。巨人伝説がある。日曜の朝のミサを拝見した。



■自然史博物館
22 自然史博物館に行ったところ、開いたばかりだったらしく、電気が全て消えていた。しかも飾られているのは、動物の剥製…。怖い。




■市立劇場
23 野外劇場。




■聖ミカエル修道院
24 日曜日の10時~のみ中が見れる、とのことだったので、日曜の午前中に訪問したところ、ミサの最中だった。キリストのお告げを夢にみたデンマーク王によって、1249年に創立された。しかし、1716年にロシア正教会に建て替えられた。今ではエストニア人正教徒が集まっている。

私は正教のミサをきちんと見るのは初めてで、祭壇の中(聖職者しか入れない)がどのように使われているのか、とか初めて目にすることができて、感動した。祭壇の中と外の歌によるコミュニケーションとか、ちょっと想像と違いすぎて、驚いた。




■山の手
タリンの街は昔支配者たちが居を構えた山の手と、商人・職人が居を構えた下町にわかれるが、丘を登って、山の手に行った。

■アレクサンドル・ネフスキー聖堂
27 1901年に帝政ロシアによって建てられたロシア正教会。教会入ってすぐ右手の壁には、日露戦争で沈没したロシア戦隊を記念したプレートがある。入口に物乞いのお婆さんが4人いた。急に雨が降り出したので、しばらく教会内で時間を潰していたが、時間がもったいないので、お土産物を走って周る。




■トームペア城
26 13世紀に建てられた、騎士団の城。現在も政府の一部と国議会が入っているため、内部見学不可。




■カフェ
ボガポット、という由緒あるカフェに入ろうとしたのだが、その目の前のカフェにwi-fiの文字が見えたので、そちらに入る。カフェに入って、パソコンを立ち上げ、twitterでa"am in Tallinn"と打つ。朝食を食べてなかったので、トマト味のスープ、セリヤンカとカフェラテをオーダー。しばらく時間をつぶしているも、全然雨がやまないので、空港行のバスが出るショッピングセンターに向かう。



■セーターの壁
29 本当は、もっとセーターがたくさん飾られているらしいが、雨なので、ビニールがかけられてしまっている。




■さよなら、タリン
30 雨で途中で観光を諦めたのは残念だが、タリンはなかなか楽しかった。旧市街を囲む城壁にもさようなら。




■本屋
村上春樹の本のエストニア語版を探す。見当たらなかったので、店員さんに聞くと、すんなりありかを教えてくれた。



■空港へ
バスに乗って、空港へ。エストニアのお金、エストニアクローン(EEK)を全額空港で使い切って、サンドイッチを買う。機内でサンドイッチを買食べるも、帰ったらおなかがすいてしまった。










|

« エストニア1 | トップページ | ラトビア1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/31316455

この記事へのトラックバック一覧です: エストニア2:

« エストニア1 | トップページ | ラトビア1 »