« ラトビア1 | トップページ | ポーランド1 »

2008年9月15日 (月)

ラトビア2

■朝食
ホテルがいっぱいなのか、朝食のテーブルが無かった。仕方なく、その辺のおばさんの席に断って同席させてもらった。どうやらイギリスの人らしく、色々話してしまった。日本ではこういうのって、絶対喋らないよね…。

■ラトヴィア民俗野外博物館
Dsc02226

エストニアの野外博物館にたどり着くのに、すごく大変な思いをしたので、今回も警戒していたのだけれど、思いがけずあっさりと着いてしまった。野外博物館は、広大な敷地が必要なので、たいてい田舎にあることが多く、市街地からのアクセスが悪いのだ。ラトヴィアの野外博物館は、ユグラ湖の湖畔に建っており、雰囲気抜群。



Dsc02265Dsc02279

入り口のチケット売り場がかなり簡素なので、ちょっとびっくりするが、中の雰囲気はエストニアの博物館に似ている。個々の建物に民俗衣装を着ている人がいて、その場で工芸品の実演販売をしている。



Dsc02267Dsc02271建物が点在しており、100軒くらいが林の中に設置されている。ガイドブックには、数行しか割かれていないのだが、リーガに行った際には、是非訪問することをお勧めする。



Dsc02274 ラトヴィア料理のレストランもある。もっとラトヴィアっぽいものをオーダーしようかと思ったのだけれど、レストランの脇のコンロで、ジュージュー音を建てて焼かれていて、とてもおいしそうだったので、ついフランクフルトをオーダーしてしまった。スープは、トマト味のソリャンカ。



1時間に2本程度しかないにもかかわらず、帰りのバスはすぐにやってきた。バスの中で、アル中っぽい人に絡まれて、少し怖かった。

■中央市場
Dsc02301 バスは、列車駅近くにとまり、そのまま駅の裏にある中央市場へ。色んな生活必需品が売られている。はちみつが名物なので、購入したかったのだけれど、液体類は機内に持ち込みができないので、迷ったあげくに、買わなかった。残念。一瞬雨がパラパラっと来たけど、そのうちやんでくれた。



■休憩
Dsc02307 ペルメニXLという、ペルメニ(餃子的なもの)のセルフカフェで休憩。もちろんペルメニを頂く。無線LANも入るし、ゆっくり休む。



■デパート周辺
ツェントゥルスという旧市街にあるデパートで、買い物。スーパーなども入っており、便利。

■自由記念碑
Dsc02305 1935年にラトヴィアの独立を記念して建てられた、高さ51mの記念碑。星を3つ掲げたデザインが特徴的。




■猫の家
Dsc02309 リーヴ広場の北側にある、屋根の上に猫が2匹ついた家がある。ずっとその前を何度も通っていたのに、それが猫の家だということにずっと気づいていなかった。



■夕食
Dsc02313 リーガには、何故か日本食レストランがたくさんある。今まで行ったどこの国よりも、レストラン全体の数に対する、日本食レストランの割合が多い気がする、っていうくらい、たくさんある。どこの店も、エセっぽくて、日本人経営じゃなさそうなのばかり。女性店員は、見たこともないような、チャイナドレスを袷襟にしたような、エセっぽいコスチュームを着ていたりする。



Dsc02314そこで、その数ある日本食レストランの中から、ガイドブックが勧めているチェーン店の、歌舞伎に行ってみた。オーダーしたのは、"Nippon グラールシュ"というスープ。グラールシュというのは、ラトビアで言うところのみそ汁とも言えるような、超メジャーなトマトや赤カブの入ったスープ。それを和風にアレンジしているようなメニューで、面白そうなので、頼んでみた。後は、wak。wakと言うのは、焼きそば・焼うどん・炒飯の総称で、具と麺orご飯を選ぶことができる。あと味付けも。今回は、シーフード炒飯の醤油味。白菜が入っているのが、日本のチャーハンとは違うものの、なかなか味はおいしい。




■さよならリーガ!
Dsc02316 リーガは総じて綺麗で、街の色合いとかも大好きでした。薄めで。バルト三国は、結構英語ができる人も多いし、旅行には最適です。では、また逢う日まで!さよならリーガ。

|

« ラトビア1 | トップページ | ポーランド1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/113915/31381265

この記事へのトラックバック一覧です: ラトビア2:

« ラトビア1 | トップページ | ポーランド1 »