« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月16日 (月)

ロサンジェルス5

朝起きて、お風呂に入り、一路帰国の途につく。

道を間違えて空港到着時刻をオーバー。

機内でハッピーフライトとレッドクリフを観る。普通なら絶対に観ないところだけれど、ハッピーフライトは、飛行機の上で観るとそれなりに初めて知ったこともあって、面白かった。レッドクリフは2観てしまった。トニーレオンが格好良すぎて。

日付変更線を越えて、着いたら金曜日。テレビをつけたら、自分の会社の社長が変わっていてびっくり。

|

2009年2月15日 (日)

ロサンジェルス4

夜、眠れず。明日が本番だから、緊張した、というよりは部屋に帰った直後に居眠りしてしまったことが理由かと思われ。

3時間睡眠。でもまあ明日の本番は昼過ぎくらいまでに終わるはずなので、どうにかなるはず。

朝起きてホテルの目の前のキャンパスへ。キャンパスに近いホテルだなぁ、と思っていたら、学校が経営しているらしい。歩いて2分くらい。

授業見学を2時間程度。本番、本番後の会食。

その後、ホテルに一旦戻って、スーツから普段着に着替えてすぐ、昨日薦められた場所に向かう。

はしゃぎすぎて、帰りかなり眠くなる。Highwayの運転が結構辛かった。

|

2009年2月14日 (土)

ロサンジェルス3

admission から何故か反応がない…。ここまで来てそれは無いだろう???

とりあえず、一旦出かける。South Coast Plazaという、一番高級ブランドが集まるアウトレットに行く。残念なことにmiumiu とPRADAが改装中。そしてヴィトンでは、LA限定モデルのネヴァーフル、売っていず…。悲しい。

しかし、何も買わず。(本当は方向的にSan Diego方面だったので、ティファナまで行きたかったのだけれど…。ロスに帰る)

1lu 4lu

ロスの韓国人街はめちゃくちゃ大きい。日本のコリアンタウンなんて目じゃない。ちょっと遅めだが、「ビバリースンドゥブ」というお店で食事。何故か客は日本人だらけ。スンドゥブは文句なくうまいが、イカの味付けが好きじゃなかった。甘い。

一旦ホテルに戻って、メールをチェックすると、admissionから返事が。予定は変更されたものの、無事明日用事を済ませられそうである。

在校生に連絡して、ホールのカフェで待ち合わせ。その後ミーティングルームで、アメリカ人&日本人の在校生とコースの魅力について質問を小一時間。

その後、MOTON'Sで日本人在校生4人と食事をしながらお話。やはり楽しそうである。

ホテルまで送ってもらい、ちょっと居眠り。

|

2009年2月13日 (金)

ロサンジェルス2

ロスははすがに暖かい。真冬だと言うのに、コートいらないくらい。空港でHertzのバスに乗ろうとするも、reservation onlyということで、Abisに乗る。Abisのカウンターのおじさんが日系人で、私の免許書を見て、「本籍が青山ですか。僕は青山学院出身なんです」と言われる。でも日本語が微妙。事前の予約の方が価格的にもお得らしい。保険やGPSなど、色々込みで結構高い。失敗した…。

GPSの使い方がイマイチわからず。いや、使い方はわかってると思うんだけど、行きたい場所に連れて行ってくれない。

しょうがないので、Abercrombie & Fitch で検索して、微妙なモール(South bay Galleria)を尋ねる。しかし買いたいものが無く。

昼ごはんにモンゴリアンBBQという、大きな鉄板の上で自分で選んだ野菜や肉で焼きそばを作ってくれる店で、野菜たっぷり、肉とそば少量で焼いてもらい、食べる。辛くしすぎた。

0lu1 0lu2

その後、中国人のやっているマッサージを受ける。気持ちいいというより、痛い。

ロデオドライブに行きたいのに、辿り着けず。

ホテルは目的地の学校の目の前。チェックインする際に、Valet Parkingの意味がわからず、少々戸惑う。

疲れたので、ホテルで食事。ステーキがデカい。蟹肉のハンバーグがおいしかった。

1di2di

|

2009年2月12日 (木)

ロサンジェルス1

成田発、Los Angels行の機内は何故か若者ばかり。大学生くらいの年頃の。席は3席連続で占拠できたので、横になれたのだけれど、結局本を読んでしまい、機内で眠れず…。

ロスのイミグレで、アフガニスタンやサウジアラビアへの渡航歴について色々ツッコまれる。アフガンは未遂に終わってるんだから、見逃して欲しい…。

まあ、それはしょうがないとしても、渡航目的を素直に言ったら、「会社を辞めるのか?」とか、色々言われた。うるさいっつーの。入国審査官に一体何の関係があるんだよ。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年4月 »