« スウェーデン&ノルウェー06 | トップページ | スウェーデン&ノルウェー08 »

2009年7月 8日 (水)

スウェーデン&ノルウェー07

801 ■オルソン兄弟のダーラヘスト工場へ



ダーラヘスト工場のある、Nusnas[ヌスナス]へのバスは1日3本しかない。1本目のバスに合わせて起床、朝食。

昨日もそうだったけれど、バスは行きが何故か無料。帰りは有料(20クローネ)。 バスがあまりにも無いので、8時台のバスで行っても、帰りは12:40。そんなに長い時間潰せるかな、と心配だったのだけれど、結局時間いっぱいまで買い物をしていた。

82 ダーラヘスト工場は、オルソン兄弟が2人それぞれ工房を持っていて、工房+ショップが1つと、工房、ショップ(色付け実演あり)の3つの建物が並んでいる。



83 両方の店の前には大きなダーラヘストが。



8時開店、ということだったが、9時ぐらいに行ったら、お店は開いていたものの、工房で働く人達は、朝食を食べている。お店の偉い人に「もうちょっと経ったら、工房で作業始まるから。コーヒー飲んだらね!」と言われたので、お店をぶらぶらしながら待つ。ダーラヘスト人形だけでなく、ダーラヘストの模様のついたお土産物や、スウェーデン土産もたくさん売っている。

805 工房で職人が作業を始めたので見学。まず、木にスタンプを押す。一応、木目を見て、取れる分を確認しているようだ。



806 木を糸鋸でくりぬき、荒削り。



808手で細かいところを削っていく。



807高速で回転するブラシで磨いている。



810 ペンキの中に、放り込んでいくだけ、というシンプルな色付け。手も真っ赤。



811 そしてこうなる。



809何か白いものを塗っている。(何のためだか不明)



813 メインイベントの絵付け。



814 ニス塗って乾燥。



815 完成!結構一体一体顔が違う。




816 817 818


工場を見た後、もう1つの工房も見る。もう1つの工房の方は、あまり作っている過程はたくさん見れないが、手順は一緒。周りに写真や古いダーラヘストが飾ってある。どうやら、手前の店よりも奥にある店の方が値段が若干安そうだ。

819私が到着した頃には、2家族ぐらいしかいなかったのに、時間が経つにつれ、家族連れがどんどん増えてきた。満杯の家族連れ。


821 バスは1日に3本しかないし、そのバ スに乗っていたのは私しかいなかったので、他の人達はみんな自分の車で来たものと思われる。

子供に混ざって、私もダーラヘストに乗って写真撮影。



822 くじ引き屋さんがあって、1回2.5クローネなのだが、大人気。日本のくじ引きのように回して出すのではなくて、回したあとで自分でひくシステム。みんなたくさん買って、端を破ってクルクル開いている。賞品はダーラヘスト(!)



あまりにもバスの本数が少ないので、そこらへんの家族連れに頼んで、ヒッチハイクで駅まで連れってもらおうかと思っていたのだが、結局次のバスの時間ギリギリまで楽しんで、ショッピング。バスは15分遅れでやってきた。ムーラに戻る。

■ムーラへ

ムーラは駅舎が無いので、どこで電車のチケットを購入していいのかわからず、観光案内局で聞くと、トラベルエ-ジェンシーで代理発行しているとのこと。手数料は数百円程度。エージェンシーを出ると、突然の大雨。びしょぬれになりながら、レストランに入る。

■昼食

824 スモークサーモンとカプチーノをオーダー。おいしいし、量もちょうどいい。2種類のソースがついてきたが、白い方がおいしい。黄色い方は甘すぎ。雨も小降りになったので、駅に向かう。



■ストックホルムへ

825電車に乗って、ムーラからストックホルムへ。車内で自分用に買ったダーラヘストの記念撮影。



826車窓から見えた一面の菜の花畑。



■ストックホルム

18時頃ストックホルムに着いて、観光案内局まで歩き、48時間のストックホルムカードを購入。オスロでは24時 間しかいなかったのに、48時間を買 ってしまい、損をしたので、ストックホルムカードは活用して元を取りたいところ。あと、レンタルサイクルの3日券(2日券は無いらしい)を購入。100ヵ所ぐらいの場所に自転車が置いてあり、カードをかざすと自転車が借りられる。どの場所に返しても良い。

■スカンセン

ガイドブックを見ると、スカンセンという野外博物館が22時までやっているようなので、向かったのだが、途中たくさんの学校の修学旅行のような集団がスカンセンに向かっていることに気付く。どうやら、数十校の学校が集まって、スカンセンで食事をしているようだ。スカンセンの入り口だと思って列に並んだら、食事の配給の列だった。皆同じバックと同じリーフレットのようなものを持っている。

気を取り直して、スカンセンの入り口に行くと、「このカードでは1回しかここに入れません。もう建物は全て閉まってます。入りますか?」とおばちゃんに言われ、考えてみたのだけれど、やはり明日以降もう一度来ることにする。

■夕食

829_2スカンセンの横にあるチボリ(遊園地)の脇にあるレストランに入る。フィッシュスープをオーダーしたのだが、これがかなりおいしかった。期待していなかったのだけれど。



■チボリ(Grona Lund)

828夕食のついでに、チボリ公園に入る。いわゆる夜間遊園地のようなものである。

827 スカンジナビアで一番高いフリーフォールがあるというので、乗りたい気持ちもあったのだが、お腹もいっぱいだし、20時すぎだっていうのに、今日のホテルもまだ 取ってないし、ということで、一通り見学するにとどめる。ゲーム類が豊富で、賞品は大きなお菓子。やたらと皆賞品のデカ菓子を持っている。



■ホテル

もう少し安いところに移ることも考えたのだが、荷物も置きっぱなしで、動かすの面倒くさいし、またScandic Malmenに宿を取ることにする。最後の2泊はScandic Malmenで過ごすことに。

|

« スウェーデン&ノルウェー06 | トップページ | スウェーデン&ノルウェー08 »